千葉で家族葬の進め方を選択する理由と主なメリット

葬儀のスタイルは変化しています

葬儀のスタイルは変化してきています。よく知られている方でも、葬儀に関しては身内でしてほしいと遺言を残しておくなど、家族葬を望んでいる人が多くなっています。千葉においてもオーソドックスな葬儀ではなく、家族で行う葬儀を望んでいる家族、個人が拡大してきています。今の時代、葬儀のスタイルは多種多様で、かつてのように、決まった葬儀をしなくてはならないというしきたりが消失してきています。千葉の田舎に出かけると、古くからのしきたりを守っているエリアもありますが、都会ではしきたりもないため、家族各自が希望に沿った葬儀を考えて、家族にマッチしたスタイルの葬儀を行っています。時の流れと共に、古くからのやり方で実施する儀式ではなくなってきています。

時間をかけてじっくりお別れができます

家族葬に関しては、千葉の場合でも、費用を安くするためという理由で実施する人が多いですが、ほかにも、懇意にしている人たちだけで故人をしのぶとして採用する人も珍しくありません。進め方として、親しくしている身内のみで故人をしのぶスタイルです。原則として親族や身内、要するに身内と3親等内で実施します。家族や身内以外参列しない葬儀ですから、不要な気を遣わなくていいというところもありますし、家族、身内が最後の別れを、時間を費やしてしっかり行う事が望めるというのも家族葬のメリットです。父親などが亡くなったとき、ゆっくりお別れができる進め方を希望して選択される家族が多いです。参列者などを配慮しながら執り行うよりも、自分自身の家族だけでお別れできる進め方ができるので理想形といってもいいでしょう。

少ない葬儀費用で実行することができます

国内で葬儀を実施する場合、式場費用それから、供花や戒名、さらに棺桶や祭壇などの葬儀に求められる費用は200万円程とされています。現在において、これだけのお金を費やすことは出来ないとコストの掛からない葬儀を採用する方が増加しています。200万円につきましては全国的な平均ですから、それ以上に大きくトータルコストがかかるというエリアもあるでしょうし、戒名のつけ方によって、そのコストも大きく変化してしまうので、家族葬という手法を選ぶ人が拡大しています。そして、可能な限り葬儀費用がかからないようにしている人が増えています。それから、規模が小さいので心をこめてお別れの場を作ろうという人も随所に広がっています。